ブスで婚勝つ! 【漫画】ネタバレ 「居座り女」

すぐに読みたい方はこちらをクリック♪

♪無料立ち読みは♪

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>まんが王国<<

ブスでこんかつ』て検索すると出てきます♪

居座り女

 

旦那に先立たれ、

子どもたちは独立し。独りとなった春日幸子。

 

「どうもこのたびは・・・」

 

旦那の葬儀で縁戚の坂口美津代と再会。

 

 

ずっと昔に。

冠婚葬祭の時に何度かあった再従姉妹(はとこ)

優しい言葉。

丁寧な気遣い。

ですが、美津代は。

 

“居座り女”だったのです。

 

 

踏み倒し女 ネタバレ

夫の葬儀中。

幸子の体調不良を見て

優しい言葉をかけて労う美津代。

 

 

(いやだ。また熱が上がってる)

家に帰ってからどんどん体調が悪くなり。

心細い時間を過ごします。

 

ピンポーン

ピンポーン

 

「幸子さん。昨日はどうも。お香典忘れていったでしょう?」

 

美津代が訪ねてきました。

 

「まあ幸子さん。やっぱり具合悪くなってたの。

それも心配できてみたのよ」

 

かいがいしく世話を焼いてくる美津代。

 

強引なとは思いましたが・・・

 

「何みずくさいこといってるのよ。

身内じゃない

お互い困った時は助け合わなきゃ」

 

「ねっ。助けさせてよ」

 

病気で気が弱ってたせいもあり、

好意に甘えてしまいます。

 

楽しい3日間。

人づきあいもすっかりなくなっていた

私には女学生みたいに楽しく過ごせる時間でした。

 

最後の日。

特上寿司を肴に大吟醸を飲んで・・・。

 

記憶を無くしてしまいます。

そして翌日。

 

「ただいまー」

 

戻ってきた美津代。

 

一緒に住むことが決まってしまっていました。

 

美津代の住んでたマンションは解約しており、

仕方なく新しい住まいが見つかるまでと言う事に・・・。

 

ですが、これは間違いでした。

 

旅行に娯楽、御馳走。

どんどんお金が減っていきます。

 

そんな雰囲気を察してか、

美津代はしおらしい態度で感謝をしてきます。

 

いつしか、御近所では、

困ってる美津代さんを憐れみ、

一緒に暮らしているという美談となります。

 

ですが、美津代のどんどんエスカレートして・・・

 

そして、とんでもない過去が明らかになります。

 

 

 

無理やり感もなく、すごく丁寧で読みやすいお話でした。

 

居座り女。

身勝手な美津代。

善意に付け込んで、

定かではない約束を盾にして本当に

怖いくらい好き勝手します。

 

ちょっと気持ち悪いくらい・・・。

 

気が弱い幸子はどうするのかと思いきや、

ちゃんと自分の意見を言って、

最後まで戦いました。

ちゃんと解決できてよかったですが、

 

そのあとの美津代のことを考えると、

やっぱり怖いですよね。

 

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>まんが王国<<

ブスでこんかつ』て検索すると出てきます♪